博多流『かわ焼き』たかが焼き鳥されど…

こだわりの秘伝製法

店主が考案した『かわ屋』のかわ焼きは、毎日一本ずつ丁寧に仕込んでいく為、一日に作れる量が限られています。
かわ焼きに使用する鳥皮は、首の周りの皮を使い、臭みの元になる余分な脂や血合いなどを一枚一枚丁寧に取り除く下処理を行っています。
分厚く巻き付けられた鳥皮を、焼き・タレ漬け・寝かしの工程で6日間繰り返すことにより、
外はカリッと中はモチっとした食感が味わえる『かわ焼き』へと姿を変えます。

  1. その壱 仕込み
  2. その弐 焼き
  3. その参 タレ付け
  1. その肆 寝かせる
  2. その伍 繰り返すこと6日
  3. その陸 1日目と6日目

創業者の想い

たかが焼き鳥されど…
「博多のかわ焼きを明太子のように広めたい」
焼き鳥に魂を込め 人生をかけた亡き創業者の想い… 詳しく見る

創業者 京谷満幸

お知らせ

新店のオープン情報やキャンペーンなどの新着情報、数々のメディアに掲載いただいたお知らせです。

一覧を見る